株式会社クレマコーポレーション

クレマチスと楽しむローズガーデン(仙台のレポート)

 

rose14

寒気いよいよ厳しくなってきましたが、いかがおすごしでしょうか。

常緑種を除いてクレマチスは休眠期に入り落葉していると思います。

冬の剪定に不安を持たれることの多いクレマチスですが、2月ごろになれば、旧枝咲きは花芽がふくらんできますので、その頃に花芽のない枝を剪定すると分かりやすいです。新枝咲きも同じころに1~2節残してカットしてください。

 

クレマチスの冬はあまり手のかからない時期ですが、クレマチスと一緒に楽しまれることの多いバラ、特につるバラはこれから来春に向けて作業をする時期になると思います。

今回は、クレマチスとバラが互いを引き立てあうお庭をご紹介します。

rose2

rose1

エクステリアメーカー『タカショー』の方が作成したローズガーデンです。

『タカショー』さんはオベリスクやトレリスなど、園芸店やホームセンターで見かける資材のメーカー。

ローズガーデンを作られたのは、お店で資材を買うお客さんがどのように楽しめるかを研究してる中、バラにはまり、さらにクレマチスにもはまり込んでしまった方です。

わたしもクレマチスにない華やかさにあこがれバラを何株か育ててはいますが、これだけの庭を作り上げ、手入れをしていく事はできませんでした。

(あと、花が咲くころは仕事も忙しくきれいな花の撮影ができていません。。)

 

今回、バラ情報がたくさん紹介されることで有名な『NewRoses』で庭の仕立て方、手入れの仕方が紹介されています。

ぜひご覧になってください。

画像のバラの品種、資材、クレマコーポレーションのクレマチスも載っています。

「バラの冬剪定&誘引レポート」~自宅編①~

http://newroses.sankei.co.jp/news/grow/article/141204/grw0001-n1.html

「バラの冬剪定&誘引レポート」~自宅編④~

クレマチス情報たっぷり

http://newroses.sankei.co.jp/news/grow/article/141211/grw0005-n1.html

 

rose4

rose5

画像のクレマチスは『プリンス・チャールズ』『エトワール・バイオレット』『ロゼア』『コンテス・ド・ブーショ』『ロマンティカ』です。

在庫数量が少なくなっているものもありますが、通販もできますので、お問い合わせください。