ミニ知識

モンタナ系

ヒマラヤから中国西部原産
花期
ほとんどの品種が一期咲き。花期は大体4~5月だが品種によって異なる。
M・ウィルソニー、M・マジョリー →5月~6月
クリソコマ、コンティニティ → 4~7月で、9・10月に咲く事もある。
剪定
弱剪定。花後、花がらをカット。長く伸びた新梢は2節残してカット。
剪定は8月中旬頃までに終わらせる。 冬期は、枯れた枝や花芽のついていない細い枝のみカットする。
管理
根が細いので過湿及び乾燥に注意する。
施肥
剪定後と2月中旬及び10月に油かす2骨粉8で混ぜたものを施します。(緩効性肥料でも可)
3~10月は月に3~4回液肥。8月は月に2回位。
高山性の為、暑さには弱いので混み合った枝は時折新梢をカットしたりして、風通しを良くして涼しい所で管理する。
消毒
温室ではオンシツコナジラミがつき易い。
葉の裏側に卵を沢山産み被害に合うとすすをまぶした様になります。
早期発見し、早めに対処して数を増やさないようにする。黄色のトラップで誘引して捕獲します。
赤さび病、カイガラムシ等の予防に11~2月に月一回石灰硫黄合剤。